fc2ブログ

暖気暴走?




如月の凌霄花神戸港


花辛夷あくまで白しまだ二月


紫はもしやアイリス?冬菜畑


野梅ちる鉄骨のみの牛舎跡



紅い花





白い花





アイリス2





野梅6


海洋博物館の前の海辺に朱い花が咲いていた。凌霄花に似ていると思ったが、二月に咲くはずはないだろう。だが、近寄ってみると、まさに凌霄花だ。そして、博物館の屋上のオブジェの上の青空には辛夷の花が白く輝いている。海辺はことさら暖かいのだろうとと思ったが、近所の畑でも異変を発見。野菜畑の隅に、もうアイリスが咲いている。

こんな暖かい日のあとに、また寒波がくるかもしれないそうだ。人間だけでなく。植物も戸惑っている。 近くの古い村にあった牛舎はすべて消えてしまった。何もかも昨日と同じではない。



12-16-2012_006.jpg


 にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村

  
スポンサーサイト



神戸海洋博物館




神戸の病院での受診のあと、海洋博物館に寄ってみた。春のように暖かかったが薄雲っていた。 王子動物園でも大勢の校外学習の子供たちにであったが、博物館にも小学生たちが何組か訪れていた。 海辺で先生の話をきいたあとで、博物館に入っていった。神戸では校外学習が盛んなのかもしれない。

館内では帆船模型教室の作品展が催されていた。写真撮影が許可されていたが、照明の関係だろうか、 うまく写せなかった。今年は神戸港開港150年なのだそうだが、ここにきて初めて知った。



博物館前


校外学習1


ストックアンカー2       

建造中の船を係留するため三菱重工神戸造船所で使用されていた


マリンバード

          自立型無人潜水機




<帆船模型


帆船2


帆船1


かんりんまる


カワサキ





二階屋上のオブジェ


カフェの屋根2


博物館屋上の舟の帆をイメージしたらしいオブジェは遠くからでも望めてしゃれている。二階はカフェになっていて、予約客のみ受付でアフタヌーンティーなどを提供しているらしいが、広いフロアにほとんど客はいなかった。わたしは、のんびり寛げる小さな喫茶店をさがそう。


12-16-2012_008.jpg


 にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村

  

続きを読む

春めきて




ひそやかに花芽つぶやくフツフツと


春光の水面を慕ひ緋のめだか


春めきて雀のおしゃべり高まりぬ


葉を透ける光に浮かぶ藪椿


尖る葉に花柊のこぼれ落つ


葺き替えし藁屋根つつむ春陽射し



花芽2





めだか





雀1





椿1





ヒイラギ





藁屋根





暖かい日差しに誘われて、古い村のほうまで行ってみた。一軒だけ残っていた藁ぶきのお宅。この前見たときはかなり痛んでいたので、ひょっとしたらスレートか瓦に変わっているかもしれないと思った。そっと見上げてみると、、大部分が新しい藁で吹き替えられている。この辺りでは、葺き替えの職人さんを探すのも大変だったでしょうに、頑張ってくださったのですね。これからも楽しみに拝見させていただきます。


                      12-16-2012_032.jpg


 にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村

                            

天橋立 知恩寺の伝説




丹後に伝わる天橋立の創造伝説
その昔、神々が日本の島々を造られていた頃、 この地はあらうみの神(龍神)に占領され 人の住まうことができませんでした。 そこで、神々がご相談なされ、 中国の五台山より智恵第一の仏である 文殊菩薩をお招きすることとなりました。 文殊菩薩はこの地で千年間もの間説法をされ、 龍神をことごとく改心させ 人々を護る善神へと導かれたそうです。 その後、神々は文殊菩薩の持たれる 如意に乗って海へ降りられ、 その如意が浮かんだものを天の浮橋といい、 ここに龍神が一夜にして 土を置き天橋立となりました。 こうして天神七代、地神二代の あわせて九代によりできたこの地を 九世戸と名付けたということです。

知恩寺は雪舟の天橋立図(1500年頃)にもえがかれている。



天橋立図2

天橋立図  雪舟





知恩寺

 海上禅叢とは、海にそびえる禅の道場という意味





多宝塔3

多宝塔 (室町時代) 丹後地方で唯一の遺構





扇子みくじ

すえひろ扇子みくじ


                          12-16-2012_031.jpg


 にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村

                             

天橋立クルーズ




鉛色の空の白彩ふゆ鴎


クルーズ船追ひて群がるふゆ鴎


船べりに並ぶ黄の脚ふゆ鴎


左舷より冬の鴎に見つめられ


冬鴎に一羽交じれる鳶の茶


冬波に紅映ゆる廻施橋



ときどき雨の落ちてくる暗い空。そらが暗いだけに、飛び交う鴎の白が眩しいほど鮮やか。よどんだ冬の海で、鴎たちの活力に圧倒される。じっと見つめられても、私は餌をもってないの。ごめんなさいね。 クルーズの終わり近くに廻施橋にちかづくと、ゆっくりと橋が開いて舟を通してくれる。現在は電動式だが、むかしは手動だったらしい。

 人おして廻施橋のひらく時くろ黒うごく天橋立       与謝野晶子



船着き場





舟と鴎2





舟と鴎





見張り2





近付く橋





橋3





遊覧船コース


12-16-2012_026.jpg


にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村