FC2ブログ

彼岸花を植えた人




曼珠沙華の花に偲ばゆ植えし人


いつもの場所いつもの時期の彼岸花







公園の彼岸花 2









公園の彼岸花 4









公園の彼岸花 5









公園の彼岸花 1









彼岸花 アップ









歩道の花 2









歩道の花







信じられないような猛暑の後に、台風と地震。地球がどうかなってしまうのではないかという不安がよぎったりしていた。 先日、いつもの場所にちゃんと彼岸花が咲いているのを見て、なんだかほっとした気もちになった。 植物は人間のように慌てふためいたりしていないのだ。

今年も彼岸が近づくと、公園の彼岸花がきれいに咲いた。 これらの彼岸花は自然に生えたものではない。もう亡くなられてしまったが、植えてくださった方がいたのだ。 樹木の剪定や草刈りは行政でやってくださるが、花までは植えてもらえない。その方は、公園に様々な花を咲かせて 楽しませてくださった。もう芽吹かなくなった花も多いけれど、春には水仙、秋には彼岸花が群れをなして咲く。

宅地造成から半世紀近くたって街路樹が次々に枯れていくが、なかなか次の樹を植えてもらえない。 草だらけにしておくよりはと、草花を植えてみた。草花ならば、街路樹を植えるときは容易に抜き取れるだろう。。 だが、私の体力では2,3本分が精一杯。あの方は、あんなに沢山の花を植えられたのに。

やはり早く樹を植えてほしい。木蔭を歩いて買い物に行きたいなあ。








にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






スポンサーサイト

雨上がりの花野




雨上がり歩み続けし大花野


野の花の露落ちそうでまだ落ちぬ






白い花









リコリス  雨









ハギ 2









野の花 3









野の花 2









ツユクサ 2






にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






稲は花から実へ




実の軽き若き稲穂の揺れやすく


長雨の晴れ間の畦に彼岸花


蝗も鳥も生きねばならぬ畦野原






稲穂









稲穂 2









彼岸花とカラス









白鷺









鳥 2

夏は見かけなかったセグロセキレイも里に下りてきた。







今年の8月30日に生れてはじめて稲の花を見た。この年齢になるまで見たことがなかったなんて、 私がよほど迂闊だったのだろうと思っていた。ところが先日、稲の花が見られるのは、ほんの数分間だけだということを知った。 稲の花はあっという間に受粉をすませて消えてしまうのだそうだ。 なんとなく出かけた散歩で稲の花に出会えるなんて、たぐいまれな幸運だったのだ。

秋雨前線が停滞しているとかで、毎日、毎日、雨続き。 晴れ間を見つけて久しぶりに田んぼに行ってみたら、まだちょっと頼りないけれど稲が頭を垂れていた。 わずかだけれど、彼岸花も顔をのぞかせ始めている。 歩くたびに飛び立つ蝗の数がおびただしい。鳥さんたちに頑張ってもらわなくては。







にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






里のお稲荷さん




秋風の丹の鳥居ゆく里稲荷


あきかぜの にのとりいゆく さといなり


涼風のお狐様の頬を撫づ

すずかぜの おきつねさまの ほおをなづ








お稲荷さん 2









おきつねさん









歌碑

摩滅していてはっきり読めないが
ふるさとは われにもありし かきのへた
と書いてあるのだと思う。









近くにある小さなお稲荷さん。
もともとは村はずれにあったのだろうが、今は近くまで住宅地が迫ってきている。 それでも、そのあたりには鄙びた長閑な雰囲気が残っている。 空気が澄んできて、塗り替えられた小ぶりの鳥居が青空や木立に映えて美しい。
ここのお狐さんは、子狐なのだろうか。ふっくらして可愛らしいお顔をしていらっしゃる。 そして、木蔭には句碑まで立ててある。今まで何度か立ち寄ったのに、どうして気づかなかったのだろう。 かなり摩滅していて、句はなんとか判読できたが、作者名は読めなかった。










にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






シジミチョウ







身じろぎもせぬシジミチョウ今朝の冷え


秋桜に眠らんとすかシジミチョウ






シジミチョウ 1









シジミチョウ 3









シジミチョウはよく庭にやってくるのだが、小さいうえに素早く飛び回るので、なかなか写真に収められなかった。 ところが今朝、キバナコスモスに止まったまま、まったく動かないシジミチョウをみつけた。急な朝の冷え込みで弱っているだけなのか、ここで眠りにつこうとしているのか。いずれにせよ、そこでゆっくりお休み。それは私が種から育てた花だよ。









にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる