初春散歩 (2)

少しひんやりしてきたが、相変わらずすばらしいお天気が続いている。
青空と日射しに誘われているような気がして、また近所を歩いてきた。
もはやお仕事に精をだしていらっしる方には、まだ正月気分かと思われるかもしれませんが。 私にも、家事、育児、仕事に追われていた日々もあったことに免じて、ご容赦を。





初空に五色の幟村の寺
はつぞらに ごしきののぼり むらのてら



臨済宗の古い寺の上の青空に、五色の吹流しが翻っているのが見えた。
ネットで調べると、近いうちに法要が行われることをしらせるために立てるそうだ。





のぼり2





のぼり3









初日射す石棺仏の笑み給う
はつひさす せっかんぶつの えみたまう



寺の前に、石棺の蓋に彫られた仏像を祀ったお堂がある。 どんなお姿なのかはっきりしないが、柔らかな膨らみが微笑んでいる仏のように見えた。




石棺仏1







石棺仏2









寺社並び立つ里明けの春
てらやしろ ならびたつさと あけのはる




神社1







寺の隣に神社が建っている。 かつては日本でも宗派の争いなどもあったらしいが、現在はさまざまの宗教が平和的に共存している。
私には、宗教のために殺し合うなんて、理解できない。













土手いちめん紅く染めたり 草もみじ
どていちめん あかくそめたり くさもみじ 



草もみじ




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村



にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村”堀辰雄作品集”

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント