FC2ブログ

梅雨の晴れ間に




梅雨人入ったとはいえ、この2,3日はさわやかな天気だ。
近所のそぞろ歩きも気持ちが良い。





亡き猫と憩ひしベンチ若葉風



緑陰のベンチ2


なにかあると、つい、「タラちゃん、どうしよう」と話しかけてしまう。
勝手な思い込みだが、タラちゃんとじっくり相談すると、うまくいくことが多い。
「星の王子様」の最終章を読むと、胸が痛くなる。
タラちゃんは、”猫の星”に帰ってしまった王子様。

タラちゃんは、ママの守り神。










この時期、茅花を見るのを楽しみにしている。
先日、河原にに行ってみたら既に茶色くなっていた。
今年は見逃したかなと思っていたが、休耕田でひと群れの茅花をみつけた。
ちょうど風が吹いていて、美しい ”茅花流し”をみることができた。




茅花2




野っぱらの白銀の波茅花流し
のっぱらの はくぎんのなみ つばなながし





月の夜の茅花の原は如何ならむ
つきのよの つばなのはらは いかならん






にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村



にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

茅花流し

茅花流し、綺麗ですね。
去年も確か見せてもらったような。
『月の夜の 茅花の原は 如何ならん』
月を眺めながら、昼間見た景色に
思いを馳せているのが、いいですね。
月が見えます。
タラちゃんのベンチ、ちょっと胸が痛いです。

Re: 茅花流し

行動範囲が狭くなり、毎年ほぼ同じところを歩いています。
従って、毎年おなじ題材をとりあげることが多くなります。
大抵の人は、読んですぐ忘れてしまうらしいのですが、
人魚姫さんは覚えていてくださったのですね。
わずかでも、新しい視点から眺めてみようと心がけてはいるのですが、
ともすると似通ったものになってしまいます。
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる