農道沿いで




崩れゆく土蔵の壁やざくろ爆づ

くずれゆく どぞうのかべや ざくろはづ



古家の夕ぐれ柘榴紅かりし

ふるいえの ゆうぐれざくろ あかかりし



ざくろ熟れぬ一人遊びの幼子よ

ざくろうれぬ ひとりあそびの おさなごよ




ザクロ3




農道を歩いていて、久しぶりに柘榴の実をみた。 たしか3,4歳ごろだったと思うが、長い間母が寝込んだことがあった。 その日私は、裏庭の崩れかけた土蔵の前にある柘榴の木の下で、地面に絵を描いて遊んでいた。 他の兄弟姉妹と年齢が離れていたので一人遊びには慣れていたのに、その日の夕方は無性に淋しかった。 それ以来、柘榴の実を見ると、決まってその秋の日の夕方を思い出す。









野の花の気品とどめて紫苑咲く

ののはなの きひんとどめて しおんさく



たなびける紫雲となりぬ紫苑花

たなびける しうんとなりぬ しおんばな




シオン4




母は紫苑の花が好きだった。だが幼い頃の私は、そんな花よりも赤や黄色の可愛い花を植えてほしかった。 このごろ紫苑を美しいと思うようになったのは年のせいだろうか。
最近は品種改良が進んで豪華な花が多くなったが、時々、昔の素朴な花が恋しくなる。 お月見のころ、里山へ取りに行った竜胆の清楚な美しさがわすれられない。 今、花屋で売られている竜胆は、なぜあんなにゴテゴテしているんだろう。










秋草の気ままに伸びて気ままに揺れる

あきくさの きままにのびて きままにゆるる




農家の庭先









農家の庭


,br>





秋草2




イングリッシュガーデンが人気があるらしいが、農家の庭先を覗いてみると日本にもそれ風のものがあるような気がする








           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


名月やいつか異界にいる私

めいげつや いつかいかいに いるわたし



中秋の名月1




西洋では月を見つめているとルナチック、つまり気ちがいじみてくるという言い伝えがあるそうだ。
気が変になりはしないけれど、俗世間からどんどん遠ざかっていくような気はする。





にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村




にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/5vbJSA
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

母と月をながめて

ちょうどお月見の日に母の歯の具合がよくなったので
団子を買ってきました。
すすきをもらえたので窓辺に2本
二人で交互にながめていいなあと話しました。
母は翌日の十六夜が好きだと言ってました。
確かに翌日の月も趣があって素敵でした。
タラちゃんのママが時々お母上さまの話を書かれます。
変な言い方ですが、とてもいい感じ。
思い出も書いてくださいね。


Re: 母と月をながめて

お母さま、快方に向かっていらっしゃるらしくて良かったですね。
ススキを活けて娘さんとお月見なんて、羨ましい。
お母さんはとても喜んでいらっしゃったと思いますよ。
そんな美しい光景は、忘れられないですね。

No title

柘榴の句は皆素敵です。特に崩れ行く~がやっぱりいいですかね。
エッセイの部分もすごくよかったです。
名月の句もインパクトありました。

そうですね、例えば日本とイギリスの田園の雰囲気って、何か共通したものがあるかもしれませんね。
アメリカの田園のように、陽気な感じ一辺倒ではなく、どこか郷愁を感じるような、陰影がありますね。

Re: No title

句会にもでず、投句もせず、自分の楽しみにと句を作っていましたが、
共感してくださる方があるのは、とても嬉しいものですね。
コメント、本当に有難うございます。
もう句材がないなどと思いがちなのですが、もっと頑張らなくては。
ネコヤナギさんの句は、美しい風物だけでなく心の動き、心象風景が
詠み込まれていて、じっくり味わいたくなります。
私はまだ句をひねり出しているような状態なのですが、ネコヤナギさんは
次々と湧き上がってくるような感じがして、羨ましいです。

No title

そんなことないです、私ももうお気に入りの季語が無いよー!みたいな状態です。特に秋はそうなんです。
ぱっとイメージが湧くく季語が少ない季節なんです。
そんな時、ネットは強い味方です。
「10月 季語」と検索すると、「http://www.haisi.com/saijiki/10gatu.htm」 (季語別俳句集10月)、 あるいは「秋 季語」などと打つと、「http://www.haiku-data.jp/kigo_list.php?season_cd=3」(秋の季語、現代俳句データベース)などが出てきます。
沢山の俳句を見ていると、イメージか空っぽだった季語でも、「そーか、なるほど、よーし」と言う感じになってくるんです。


Re: No title

コメント記入欄がわからなくて、過去記事の返信で失礼します。
新しい分野に進まれるのですね。
素晴らしい感性をお持ちですからきっとうまくいくと思いますが、くれぐれも体調管理に気を付けてくださいね。
子供が小さかった頃、在宅で仕事をしようと翻訳を目指したことがありました。(能力不足と集中する時間がなかったため挫折しましたが)
つい座っている時間が長くなり、数年間も腰痛に悩まされました。
気分転換にウオーキングや柔軟体操をしたり、立ったまま仕事のできる大を設けたり、用心してください。
応援してくださったネコヤナギさんに元気でいてほしくて、老婆心から要らぬお節介をしてしまいました。
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる