FC2ブログ

小豆島へ(二) オリーブ公園




予報よりも一日早くやってきた雨雲は、今日中、居座るつもりのようだ。
オリーブの街路樹の続く道をオリーブ公園に向かう途上も、しとしと降り続いていた。
晴れた日ならば見渡せるはずの、青い海も瀬戸内の島々もみえない。
今、オリーブは収穫を終えたばかりで、油を搾ったり加工したりしている最中だそうだ。

オリーブ公園では優しい雨がを収穫後のオリーブの木を労わるように包んでいた。
雨に洗われたオリーブの葉は生き生きとしている。
この公園内にもかなりの大木もあった。 オリーブの木は固くて耐久性があり、高級な工芸品の素材になるのだそうだ。

*1910年ごろ最初にオリーブが植えられたのは、オリーブ公園ではなくオリーブ園。
そこでは樹齢100年近い原木が見られるそうだ。




収穫を終えしオリーブ霧の雨


まなうらに青海描き霧の丘


霧雨や微動だにせぬ大風車




オリーブ公園1









オリーブ公園2









風車2









風車









オリーブの実









大木2




にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

霧雨のオリーブの葉

霧雨に濡れたオリーブの葉は綺麗ですね。
いつも見るのは少し白くなった姿でしたから
綺麗だなあって思いました。
こんな中の散歩もいいですね。
大木の姿にびっくりです。
姿もいいですが、枝葉が勢いがありますね。
樹齢は何年くらいなのかしら。
いろんなものを見てきたのでしょう。
霧の中を散歩するのもいいですけど
上向いて歩いて大丈夫かなと。
足元にはご注意ください。

Re: 霧雨のオリーブの葉

雨で青い海が観られなくて当初はがっかりしたのですが、
振り返ってみると、静かな雨の中の散歩もなかなか味わい深かったような気がします。
遠くは見えなかったのですが、近くは晴れの日よりもしっとりして綺麗でした。
もともとはせっかちな性格なのですが、最近はすばやく動けなくなりました。
ゆっくりだと躓いても大事にならないようで、年齢相応に動くよう気を付けます。
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる