FC2ブログ

田園の柿




鳥たちの饗宴まじか野辺の柿


柿熟るる日を待ちかねし戦後の児






柿 1









柿 3









柿 5









散歩道のあちこちに柿が実っている。あまり手入れもされてないのか、小さな実が多い。 きっと捥がれずに放置されるだろう。そしてたくさんの鳥たちが大喜びで貪り食うことだろう。 もうすぐ、鳥たちに至福の時がやってくる。

食べ物の豊富な昨今では、放置される柿の木が多くなった。 私の幼いころは、そうではなかった。 配給される芋や南瓜は牛の飼料用に栽培されていた巨大なまずいものだったし、 あまいお菓子など売られてもいなかったから、柿の熟れるのを待ち焦がれていた。 曾祖父の時代の屋敷跡に2,30本の柿の木が植えられていたので、秋には甘い柿を お腹いっぱい食べることができた。家族総出で干し柿を作ったりしたのも今では懐かしい思い出だ。 戦後の窮した生活の中にも、いまより豊かなものもあったような気がする。










にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ


にほんブログ村


にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる